HOME >>疾病予防

疾病予防

大切な家族に健康でいてもらうために日ごろのケアを心がけましょう。

予防接種

犬:狂犬病ワクチン 猫:3種混合ワクチン(1~3)
6種混合ワクチン(①~⑥) 5種混合ワクチン(1~5)
8種混合ワクチン(①~⑧) 猫免疫不全ウイルスワクチンご用意しております。
その他のワクチンに関しては、お問い合わせください
①犬ジステンパー 1猫伝染性鼻気管炎
②犬パルボウイルス感染症 2猫カリシウイルス感染症
③犬伝染性肝炎 3猫伝染性腸炎
④犬アデノウイルス 4クラミジア感染症
⑤パラインフルエンザ感染症 5猫白血病ウイルス感染症
⑥犬コロナウイルス感染症  
⑦レプトスピラ感染症(カニコーラ)  
⑧レプトスピラ感染症(イクテロヘモラミー)  

年1回の狂犬病予防注射 忘れずに!

 日本では、狂犬病予防法により生後91日以上の犬は毎年1回
狂犬病ワクチン接種の義務があります。
 現在、国内での狂犬病の発生はありませんが、狂犬病は世界各地で流行しており発生のない国はごくわずかです。そして、狂犬病は犬だけではなく人にも感染し、発症すると、とても致死率の高い病気です。近年でも海外で犬と接触し、国内で発症。亡くなった日本人もいます。
 海外からの動物の輸入も増えているため、いつ狂犬病が国内で発生するかわかりません。
 狂犬病から大切な家族を守れるのは、予防注射です。
 当院では、ワンちゃんの体調がよければ時期を問わず予防接種をおこなっております。
 くわしくは、スタッフにお問い合わせください。

フィラリア症(犬糸状虫症)

犬糸状虫症とは、フィラリアという寄生虫が蚊を媒介し、血液中に入り込み心臓へ寄生。そして、様々な症状(咳をする、すぐ疲れる、おなかが膨れてくる、おしっこが赤いなど)をあらわす病気です。重篤になると死に至ることもあります。
 フィラリアが血管の中に入ってしまうと、手術以外では取り出すことはできません。
 フィラリアにも寿命があるのですが、死骸は残り、細い血管に詰まり病気を引き起こします。
 ですから、大切なわんちゃんをフィラリアから守るため、予防をしましょう。
 予防の期間は、5月~11月(年によっては12月まで)
 月1回
 お薬の種類はいろいろあり、錠剤、チュアブル(お肉タイプ)顆粒、注射、スポットタイプなどをご用意しておりますので、ご相談ください。

ノミ、ダニの予防、駆除を心がけましょう

気温が高くなってくると気になるのがノミやダニの寄生です。
散歩の時、お庭で遊んでいるとき容赦なく襲ってくるイヤな虫です。
ノミ、ダニの寄生をそのままにしておくと皮膚病や貧血などの病気を引き起こすこともあります。
また、仲良しのわんちゃん、ねこちゃんにノミ、ダニをうつしてしまった場合、人間関係にも亀裂を生じることも…
大切な家族を病気から守るだけでなく、周囲との関係を壊さないためにもノミ、ダニの予防、駆虫を心がけましょう。